保育士資格を通信教育講座で取得しよう!

HOME>

社会福祉のポイント

社会福祉は、児童、障害者、母子家庭、生活上の介護を必要とする高齢者等、社会生活をする上でいろいろなハンディキャップをもっている方々が、それを克服し安心した生活を営んでいけるよう公的な支援を行う制度であるといえます。

社会福祉の理念となっている、日本国憲法第25条の文言は押さえておきましょう。

生存権「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」

生活保障の義務「国は、すべての生活部面について社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」

上記のことをふまえ、社会福祉の科目では、

  • 社会福祉の理念と日本と世界における社会福祉の歴史
  • 社会福祉施設設立と運営の基盤となっている法や制度
  • 保育所等の児童福祉施設

等が重要です。

そして、社会福祉施設・児童福祉施設等のサービスなどが実際にどのように行われているのか、事例を通じて知ることや、保育者として習得すべき援助活動の基本的な知識や技術を知ることも大切です。

また最近の問題でもある、少子化と高齢化が進む社会構造や、核家族等の産業化、地域社会の働きと変化、都市化による家族形態の変化、それらから生まれる様々なひずみ等について知っておくことが重要です。


ページのトップへ戻る