保育士資格を通信教育講座で取得しよう!

HOME>

小児保健のポイント

保育士資格試験の小児保健のポイントは、児童福祉施設では子どもの健康維持と生命を守るということが、一番重要です。

将来子どもの生命をあずかる「保育士」として、この小児保健では、子どもの心と体の発達、子どもの栄養、病気、看護の方法、生理など、個々の子どもと集団を形成した場合の状況について、把握しておくことが大切です。

上記のことをふまえ、小児保健の科目では、

  • 食生活と栄養について
  • 子どもの健康と保育について
  • 子どもの「健康」とはどのような状態か
  • 病気のいろいろとその予防対策

等が重要です。

そして、子どもの事故について特徴と、どのような被害が起こるのか、また事故防止するにはどうすればいいのか、安全対策と環境の整備、事故の応急処置について理論と具体的方法も把握しておくことが重要です。


ページのトップへ戻る