保育士資格を通信教育講座で取得しよう!

HOME>

保育原理のポイント

保育士資格試験の保育原理のポイントは、保育士になるために必要な、保育の意義や保育の歴史、また保育の制度や目標など、「原理」的知識を、子どもをとりまく現代社会背景等を踏まえた上で、理解していることが重要です。

保育所保育指針の内容をしっかり読み、体系的に理解することが特に重要です。

上記のことをふまえ、保育原理の科目では、

  • 保育所において健康と安全を守る上で留意すべきこと
  • 0〜5歳まで子どもの年齢別保育の内容と指導計画
  • 子育てに関する相談や援助を行うことについて
  • 家庭・地域との連携をどのようにとるか
  • 延長保育・一時保育など多様化する保育ニーズに対応する上で留意すべきこと
  • 保育士に求められる資質と任務について

等が重要です。

また、理論はもちろん実際に保育で起こる事例なども把握しておきましょう。


ページのトップへ戻る