保育士資格を通信教育講座で取得しよう!

HOME>

小児栄養のポイント

保育士資格試験の小児栄養のポイントは、栄養と食のあり方は乳幼児の健康な発育と生活にとっては欠かせない問題です。

子どもの現在の栄養状況や年齢などに合わせて、児童養護施設や乳児院等の宿泊型児童福祉施設では、献立や調理を考えなくてはいけません。

保育士としては、子どもの年齢、子どもの現状況別に望ましい食事を整える能力と知識を身に付け、また保護者の方に食事と栄養についても具体的にアドバイスできる能力が必要です。

このように、小児栄養は日常生活に必要な関係があり、栄養上重要な基本的な問題を勉学しなくてはいけません。

上記のことをふまえ、小児栄養の科目では、

  • 栄養に関する基本的知識
  • 児童福祉施設における食生活
  • 小児期の疾病と食生活
  • 障害を持つ子どもの食生活
  • 乳汁栄養・離乳食・幼児食の知識と調理
  • 栄養指導カード作り・病気の時の食事実習

等が重要です。

また、インスタント食品やレトルト食品、食を取り巻く近年環境の変化、ファミレス等の外食産業が家庭の食にどのように影響があるのかなど、身の回りの事例等から把握しておきましょう。


ページのトップへ戻る